自分と向き合う

薬を飲む女性

カウンセリングとは相手(クライエント又はカウンセリーと呼ぶこともある)の心理的又は精神的(俗に言う鬱的な症状)な悩みや専門的(法律の事に関することや政治に関わる)な悩みなどを専門的な知識や技術をもってして話し合い相手の心の中のわだかまりを取り除き精神的ケアを行うことを言います。
人生相談は専門的知識を持たない者でも行うことが出来ます。
多少なりとも専門性を有している者もいますがそれはほんの少数と言われています。
専門的な相談を受けた際には早急に答えは出さず第三者に相談することも必要です。
最近カウンセラーを自称する者が多くおり、名目上で学会に名を連ねていたりする者がいます。
現在その偽りのカウンセラーを取り締まれるのは難しく問題になっています。

我が国においてはこのカウンセリングに関する制度面では他の国から遅れていることがある。
スクールカウンセラーでは学校内での「いじめ」などで精神的に傷ついた子供たちの心をケアする為文部科学省がこれを設けさせ定着させていくなどして世間一般でこの事業を浸透させていった。
カウンセリングが我が国で行われてきた歴史は最近だとのこと。
まだまだ学校内や社会での自殺者は後を絶たずとなっている。
カウンセリングなど以前に問題があり例えばいじめ問題が実際にあったとして学校内の教育者など関わる人物がその問題を必死に隠ぺいしようと画策している現状がありそうなっている事実があるかぎり根本からの解決にはならないとのこと。
早急に自殺者が出る前に解決に導くことが必要である。