心理療法の種類

患者と話す医師たち

現代では仕事や学校、家庭などでの人間関係のストレスを感じる人が多い傾向にあります。
その為メンタル的な悩みを抱えやすく時として、心の病気へと繋がってしまうケースもあります。
それは大人だけではなく子供にまで起こる深刻な問題です。
医療福祉の心療カウンセリングでは、心の不調と向き合うことで治療することが出来ます。
心の病は大きく分けて次のように分類されています。
一つ目は「器質性疾患」と言われるもので、認知症など脳の委縮などの変化が見られる疾患です。
二つ目は「内因性疾患」と呼ばれ、神経伝達物質の変化が関係して起こります。
そして最後は「心因性疾患」によるものです。
これは人間関係によって生じた心の傷が原因となっています。

心因性疾患の治療には心療カウンセリングがもっとも効果的であるとされています。
このタイプの疾患は薬物治療には限界があるため、回復には心療カウンセリングが不可欠です。
カウンセリングでは、日常な些細なことでも専門のカウンセラーが相談に乗ってくれます。
考え方や気持をカウンセラーに話すことで、自分の内なる心に気づくことが出来ます。
それにより、人間関係で起こる問題を客観的に整理し感情のコントロールを図ることが出来ます。
自分に自信が持てるだけではなく、向上意欲の改善にも効果的です。
心の病気を患うと思考能力や決断力が低下してしまうので、適切なアドバイスを専門家からカウンセリングとして受けることが問題解決の糸口になります。