認知の歪み

カルテを持つ若い男性医師

現代人に不眠を抱える人が、多くいると言われます。
それはどういうことかと言いますと、今の世の中で非常にストレスを感じながら生活を過ごしている人が多い点にあるのです。
ストレスをその都度発散できればよいのですが、それをうまくできない人がいます。
忙しさに身を任せて、心の叫びに耳を傾けようとはしていないのです。
そうしていますと、何らかの精神的な影響を受けることが出てきます。
ある日を境に、夜眠れなくなるということがあります。
それは心にダメージを負って、不眠という形で現れた結果なのです。
不眠に陥りますと夜、眠ろうとして布団に入ってもなかなか眠りにつくことができないのです。
そのまま、朝を向かえるようにもなります。

不眠を抱えたままでいますと、生活にも支障をきたすようになります。
夜に眠れませんから昼間に会社で眠たくなったり、集中力がなくなったり仕事場でのミスが目立つようなことも出てきます。
いつものように振る舞うことができなくなりますので、会社へ行くのも嫌になってくるのです。
家庭においても無口になり、家族との接触を避けるようになります。
自分の殻に閉じこもることが多くなり、何もやる気が起きないようになるのです。
それは心が病気におかされているということになりますので、解決の方法を考えて行かなければなりません。
現在では医療福祉においても不眠を抱える人の相談を聞くことのできる機関が充実していますので、そこを頼っていきますとカウンセリング療法を受けられます。